2013.07 Asibinaブログ

2013年7月以前のブログはこちらからご覧いただけます。

好調にスタートしました!25年度「劇作講座」@東海会場 2013.07.15up

新聞の見出しから、劇作のアンテナに響く「何か」を探す…!
新聞の見出しから、劇作のアンテナに響く「何か」を探す…!

7月7日(日)~8日(月)、今年度初の「劇作講座」(主催:文化庁、児演協)で名古屋に行って参りました。

児童青少年演劇の新たな書き手と俳優の人材育成を目指し、今年度は4年度め。首都圏と東海地域の

2会場で開催。東海会場のホスト劇団は劇団うりんこさんが引き受けて下さいました。受講者は[劇団うりんこ]と[人形劇団むすび座] から、20代から50代まで、約20人の俳優さん達です。

2日間で計10時間。講義は「ドラマツルギー(作劇術)概論」、「子どもの定義」「観劇対象年齢と発達段階」など。創作ワークショップは、

◎ストーリーテリングから台詞を書く

◎みんなでリレー式に脚本を書く

◎ホットシーティングでキャラクター創り

◎歩きながらの「エイジング」で発達段階を追体験

◎新聞の見出しから戯曲のアイデア探し等。

 

クリエィティブ&エキサイティングな発見続出。終了後のアンケートには「こんなに身近に作品の題材が!」「私も戯曲が書ける?」「俳優としても有意義」の声。夢が膨らむスタートでした。

(西田豊子/Asibina理事長/「劇作講座」主任講師)

2014年度北信越企画会議「夏のつどい」@志賀高原 2013.07.15up

7月13日(土)~14日(日)、北信越企画会議「夏のつどい」が志賀高原で行われました。

3連休ということもあり、お母さんと子どもたちだけでなく、お父さんの姿まで!まるで家族旅行のように会議に参加していました。うれしいかぎりです!!

 

オープニングセレモニーの『吉祥開運熊手踊り口上』から始まり、パフォーマンス交流会に温泉、早朝キックベースと、劇場も創造団体もみんなで楽しめるイベントが盛りだくさん!

 

もちろん、企画説明会も行いました。グループ別のプレゼンは計5回。回数を重ねるごとに、お互いの作品の感想を言い合ったり、合同パフォーマンスをしてみたり、ど忘れした説明をプロンプでとばしたりと、創造団体同士に絆が生まれることも・・・。仲間がいるということはとても心強く、幸せなことだと感じました。

 

子どもたちはいつも、真剣に、全力で挑んできます。それに対して、大人はいつも、真剣に、全力で、受けとめなくてはいけません。

私は各所の企画会議を渡り歩く中、全力な子どもたち、全力な大人たちにたくさん出会うことができました。そしてたくさんのエネルギーをもらいました。このもらったエネルギーを還元できるよう、明日からまた全力で作品に向かいます。

はじまります
はじまります
オープニング口上は吟遊打人さん
オープニング口上は吟遊打人さん
おとなの全力!!
おとなの全力!!
キックベース、全員集合
キックベース、全員集合
実はTAP DO!さんも一緒でした。
実はTAP DO!さんも一緒でした。

2014年度東海例会企画会議@蒲郡 2013.07.15up

7月11日(木)~12日(金)、東海企画会議に参加するため、蒲郡へ行ってきました。

名古屋から乗り換え、東海道線で蒲郡へ向かったのですが・・・暑い!!海沿いの町だというのに、到着時の気温はなんと37度。自販機で水分を買い込み、いざ会場へ。

 

企画会議の会場も、外気に負けないくらい熱い!!企画パンフレットに付箋やメモをはさんで会議に臨む劇場の方々。創造団体のプレゼンを一言も聞き漏らすまいという真剣な眼差し。私たち創造団体も、言葉やパフォーマンスにいっそう力が入ります。

 

プレゼンのあとはフリップトーク。「子ども」と「夢」をテーマに連想したことを、創造団体がフリップに書き、説明し、劇場さんとの間で意見が交わされました。団体の思いだけでなく、俳優・制作者個人の思いも垣間見え、さまざまな考えに触れることのできた時間でした。

 

夕食交流会では、沢山の創造団体がパフォーマンスを披露し、会場は大盛り上がり!

来年の企画会議も、外気とやる気は炎天下間違いなし!!

灼熱の蒲郡駅
灼熱の蒲郡駅
夕食交流会
夕食交流会
岸和田やります!
岸和田やります!
だるま森さんとえりこさん
だるま森さんとえりこさん

子ども劇場おやこ劇場東北 2014年度例会企画交流会@青森 2013.07.09up

7月6日(土)~7日(日)、東北の企画説明会参加しました。今回は青森です。
全大会では、地元のお囃子チームによる、ねぶた囃子の演奏がありました。お囃子の掛け声に、きんぎょ手ぬぐいを巻いた劇場のみなさんの返す声。会場全体の一体感がなんとも楽しい全大会でした。

 

いよいよ説明会。1団体10分の持ち時間。Asibinaは1作品に使える時間が3分強。

なんだ余裕じゃないか!と思っていたら、2作品目で時間切れ…。
いざ話してみると10分はなんて短いのでしょう。明日はタイマーを持って臨みます。

 

夕食は青森が一望できるという素敵なレストランにて。劇場のお母さん方や、劇団の皆さんとたくさんお話が出来ました。子どもたちのワークショップの発表会にパフォーマンスと、内容盛りだくさんの夕食会でした。そうこうしていると、眼下にいっぱいの夜景が・・・!

 

翌日。2回目の説明会は持ち時間スレスレになんとか終了。

駆け足の説明を最後まで聞いてくださった劇場の皆さん、本当にありがとうございました。

 

企画説明会も残すところ東海と北信越のみ。次回もステキな出会いがありますように!

ご当地ゆるキャラ“ハネトン”
ご当地ゆるキャラ“ハネトン”
ホテルロビーのねぶた
ホテルロビーのねぶた
ねぶた囃子の演奏
ねぶた囃子の演奏
ワークショップ発表会
ワークショップ発表会
ホテルから見た夜景
ホテルから見た夜景

「ふうふうあ~ん」公演@つくば子ども劇場 2013.07.05up

7月4日(木)、つくば子ども劇場さんで「ふうふうあ~ん」の公演を行いました。あいにくの曇天でしたが、劇場さんのTシャツは爽やかなスカイブルー。搬入・仕込み・本番・バラシ・搬出と何から何まで助けていただき、ありがとうございます!Tシャツに負けないくらい清々しい劇場の皆さんでした。

 

今回の公演は、生後7ヶ月、8ヶ月といった小さな子どもたちも観に来てくれました。たくさん食べて、たくさん遊んで、たくさん寝て、たくさん大きくなって、また舞台で会える日が来たら、嬉しいかぎりです。


 

おまけ♪

劇場さんが作ってくださった「ふうふうあ~ん」の看板。

←パネルシアターになってました!!